美術館、個展

コラム

川内ガラッパ(その2) ―出版界に革命をもたらした山本實彦―

もう一人、「川内ガラッパ」(センデガラッパ)といえる偉人がいる。 明治18年(1885)に川内で生まれた山本實彦だ。貧しい家庭に育ち苦学して上京、法政大学の夜間部を卒業し新聞記者になった。大正8年(1919)、28歳で「改造社」を創...
感謝・感動・歓喜!

大和ミュージーアム

 「戦艦大和」ゆかりの奈良・大和神社を参拝し、その後に広島・呉に行った。呉は、「戦艦大和」が建造されたふるさとである。同艦に関する施設として、呉市海事歴史科学館「大和ミュージーアム」がある。 大和ミュージーアム 海軍を...
感謝・感動・歓喜!

犬養木堂記念館

吉備津神社の社号標の力強い犬養毅の筆跡に感動した。 そして、車で10分ほどのところにある「犬養木堂記念館」を訪ねた。同館隣地には、国指定重要文化材の生家、旧犬養家住宅もある。 国重要文化財 犬養木堂生家入口 犬養...
感謝・感動・歓喜!

頼山陽史跡資料館

広島市の平和記念公園近くのオフィス街に、ひっそりと趣のある建物がある。 原爆の被災に耐え、今も残る旧日本銀行広島支店の隣にある「頼山陽史跡資料館」である。 「頼山陽」の名は聞いたことがあるが、何をした人だろう? 趣のある...
感謝・感動・歓喜!

春日井市立道風記念館

愛知県春日井市は、「書のまち」として知られている。 書道文化の向上、発展のために、さまざまな取り組みがされている。 市が書で町おこしを始めたのは、平安時代の能筆家・小野道風の生誕地という言い伝えがあるからだ。市内松河戸町の生誕...
感謝・感動・歓喜!

日本近代史の宝庫 二宮・徳富蘇峰記念館            ~要人の書簡が残る蘇峰館近世日本の歴史を語る~

大田区にある「山王草堂記念館」を訪ねてから、徳富蘇峰のことが気になって仕方がなかった。 そして、二宮にある「徳富蘇峰記念館」を訪ねた。JR二宮駅から徒歩十二分ほどの住宅街にある。 徳富蘇峰記念館 敷地入口 徳富蘇...
感謝・感動・歓喜!

稀代のジャーナリスト・徳富蘇峰に感動! 山王草堂記念館

東京の大田区山王、馬込界隈は、落ち着いた閑静な住宅街で景観が良い。 もともとは、風光明媚な景勝地であり、明治期には政治家、実業家の別荘があった。 大正末期から昭和初期にかけては、多くの文士、芸術家が住み、「馬込文士村」と呼ばれ...
感謝・感動・歓喜!

暴れ天竜を恵みの川に変えた漢 金原明善翁

遠州を流れる天竜川は、昔から暮らしや産業に恩恵をもたらしている。 諏訪湖を水源として、三遠南信の急峻な地形を流れて、遠州灘に注ぐ国内屈指の急流河川である。 上流域は風化しやすい花崗岩が広く分布、もろい地盤で大雨が降ると大量の土...
感謝・感動・歓喜!

のどかで美しい街・真岡~ひっそりと真岡木綿の隆盛を今に伝える金鈴荘なり~

最近、旅館をめっきりみなくなった。どこへいっても全国チェーンのビジネスホテルがある。 それでも、まだ旅館が残っている地域がある。栃木県の真岡には、旅館が何軒か残っている。 私は旅館が好きなので、栃木に行くと都会の宇都宮でなく、...
感謝・感動・歓喜!

生誕百五十年記念展 板谷波山の陶芸(2)~生涯~

記念展は、副タイトルの「麗しき作品と生涯」の通りだった。 百七十点もの作品を鑑賞するとともに、生涯もよくわかった。 波山は、明治5年(1872)生まれで、幼い頃から書画、美術品が身近にある環境にあった。最初は奉公に出されたが、...
タイトルとURLをコピーしました