美術館、個展

感謝・感動・歓喜!

御殿場 東山旧岸邸

建築に携わる仕事をするようになり、建築設計士や大工、工務店の方と接する機会が多くなった。 そのため、建築の工法に触れる機会が多く、民家建築に興味を持つようになった。 思えば、子供の頃から、プラモデルは当時流行っていた「ミニ四駆...
感謝・感動・歓喜!

富士山と雲(2) ~阿部正直博士の研究~

「富士山と雲」の研究に生涯を捧げた、阿部正直博士のことを知りたくて、御殿場市にある「富士山 樹空の森」を訪ねた。 ビジターセンターにある「富士山天空シアター」展示室に、富士山の歴史・信仰とともに、富士山頂での気象観測の歴史が展示され...
コラム

異端の書道家 中村不折

台東区立書道博物館を創設した中村不折は、江戸末期の慶応二年(一八六六年)に生まれた。 子供の頃より絵を描くことが好きで、長野県で教員をしていたが、二十歳の時に画家を志して上京した。洋画家の小山正太郎の薫陶を受けた後、フランスに留学、...
コラム

二万点の書道コレクション ~台東区立書道博物館~

文化庁の調査によると、日本に博物館の数は五千以上あり、そのうち美術館は千以上ある。しかし、書道に特化した博物館、美術館は数が少なく、全国で数えるほどしかない。その一つの「台東区立書道博物館」を訪ねた。 企画展 書でみる日本の歴史...
感謝・感動・歓喜!

伊能忠敬の家訓

伊能忠敬記念館の近くに「伊能忠敬旧宅」がある。 伊能忠敬翁が十七歳から五十歳で江戸に出るまで過ごした家で、国の史跡に指定されている。旧宅の正面には、小野川の荷揚げ場があり、物資を舟で流通させていたことがわかる。今は観光船の船着き場に...
感謝・感動・歓喜!

伊能忠敬記念館 ~五十歳を過ぎてからの大偉業~

佐原の町並みも楽しみであったが、この地で最も行きたかったのが、「伊能忠敬記念館」である。 伊能忠敬翁は、初めて実測日本地図を作り上げた人である。しかも、今よりもはるかに短命だった江戸時代に、五十歳を過ぎてから始めたことに驚き、一体ど...
感謝・感動・歓喜!

古き良き日本が残る 半田・亀崎

先日、知多半島を訪ねた際、半田・亀崎地区にあるホテルに宿泊した。半田運河近くに宿泊しようとしたが、亀崎のホテルになり、ちょっとがっかりしていた。しかし、ホテル近くの亀崎地区を散策したら、古き良き日本を感じ、とても感動した! ホテルの...
感謝・感動・歓喜!

天心記念五浦美術館                      ~なぜ岡倉天心は茨城の五浦に移ったのか?~

念願叶って、茨城の最北端、北茨城市・五浦にある「茨城県天心記念五浦美術館」に行った。 岡倉天心と五浦の画家を顕彰している美術館である。個人的には、総合美術館よりも、優れた芸術家を顕彰する個人名の入った美術館が好きだ。その方が、統一感...
感謝・感動・歓喜!

新美南吉記念館(2)~南吉童話に惹かれる理由~

私が新美南吉を好きになったのは、大学時代である。 暇を持て余し読書三昧のなかで、子供の頃に読んだ南吉童話を読んで感動した。それから全集を読み漁り、同記念館を訪ねたのも、大学時代である。 南吉童話は、自分の周囲にあるような日常的...
感謝・感動・歓喜!

新美南吉記念館(1)~代表作『ごんぎつね』に重なる生涯~

私が最も好きな作家は、新美南吉である。 小学校四年生の全教科書に掲載されている「ごんぎつね」を書いた児童文学作家だ。結核のため、二十九歳の若さで亡くなるまで、数多くの童話作品を残した。 旧制半田中学校在学時から、童話を書き始め...
タイトルとURLをコピーしました