コラム

コラム

川内ガラッパ(その2) ―出版界に革命をもたらした山本實彦―

もう一人、「川内ガラッパ」(センデガラッパ)といえる偉人がいる。 明治18年(1885)に川内で生まれた山本實彦だ。貧しい家庭に育ち苦学して上京、法政大学の夜間部を卒業し新聞記者になった。大正8年(1919)、28歳で「改造社」を創...
コラム

川内ガラッパ(1) ―明治の煙草王・岩谷松平ー

薩摩川内市には、九州第二の河川である川内川がある。恵みの川であるとともに、昔は大雨により度々氾濫し洪水をもたらした。この川には、「川内ガラッパ」(センデガラッパ)という悪戯好きの河童の妖怪がいるという言い伝えがある。市内には「川内ガラッパ...
コラム

長篠・設楽原の戦い(2) ~天を味方につける家康の処世術~

武田勝頼が長篠城を攻めあぐむなか、武田軍一万五千人をはるかに上回る織田・徳川連合軍三万八千人(織田三万人、徳川八千人)の援軍が来た。 武田の軍議で、信玄公から仕える老将より決戦を避けるよう進言があったが、勝頼は聞き入れず、決戦を決め...
コラム

長篠・設楽原の戦い(1) ~鳥居強右衛門の勇気~

浜松の引佐から愛知の新城に抜ける国道257号線沿い、新城市長篠に衝撃的な看板がある。 「長篠の戦い」の文字と、ふんどし一丁で磔にされた男の絵が描かれている。この道を通る度に気になっていた。 そして、ついにこの看板の施設「長篠城...
コラム

富士山頂気象観測に挑んだ野中夫妻

「富士 樹空の森」の「富士山天空シアター」には、富士山頂での気象観測の歴史も展示されている。そこで、初めて富士山頂で冬期気象観測をした野中到・千代子夫妻を知った。 野中到氏は、「富士山頂に気象観測所ができれば、天気予報は当たるように...
コラム

精神満腹 清水次郎長(その2)

清水次郎長は波乱に満ちた人生を送った。 その生涯は「次郎長伝」として、戦前は講談や浪曲で人気を集めた。これほど刺激的で魅力に溢れた生涯はあまり見当たらない。また、大政、小政、森の石松などの子分二十八人衆、妻・お蝶などの周囲の人物も次...
コラム

精神満腹 清水次郎長(その1)

静岡・清水に生まれた偉人といえば、清水次郎長が思い浮かぶ。 清水には、生まれた家「次郎長生家」、晩年に過ごした「末廣」が当時の建物を保存して残されていて、観光地になっている。 また、菩提寺で墓がある「梅陰禅寺」には、「次郎長遺...
コラム

山本有三 たった一度しかない人生(3)

記念館には、「有三のことば集」が多数掲げてある。 「勇気を失うな 心に太陽を持て」 「人間はな人生という砥石でごしごしこすられなくちゃ光るようにはならないんだ」 「人生は死ぬことじゃない、生きることだ これからのものは、...
コラム

山本有三 たった一度しかない人生(2)

山本有三先生は、明治二十年(西暦1887年)生まれで、大正から昭和にかけて活躍した劇作家、作家である。また、後年は文化人・政治家としても活躍した。 裕福な呉服商家に生まれた。子供の頃、芝居好きの母に連れられて、街にあった明治座で歌舞...
コラム

山本有三 たった一度しかない人生(1)

群馬県・高崎駅と栃木県・小山駅を結ぶJR両毛線に乗った。 古代、群馬県は上毛野國、栃木県は下毛野國と言われていた。その名残で、この二つの地域を両毛という。 始発の小山駅から二駅目の栃木駅で下車した。駅前ロータリーに石碑があった...
タイトルとURLをコピーしました