日本の風土

感謝・感動・歓喜!

田子の浦 港に出れば 真白なる 富士の高嶺と しらす丼ぶり

静岡県富士市の田子の浦港は、富士山に最も近い港である。 港のそばの海岸沿いに、「ふじのくに田子の浦みなと公園」がある。駿河湾最奥部にあり、太平洋が入り込んだ湾全景を望むことができる。そして北を振り向けば、海抜0mから3,776mの富...
感謝・感動・歓喜!

富士山と雲(1) ~絵になる風景~

私の自宅からは、富士山がみえる。毎朝、富士山と朝陽を眺め、一日がスタートする。 一年中眺めていると、気づくことがある。冬は空気が澄んで、晴天が多く、高い確立で富士山を眺めることができる。春から秋にかけては見える確率が減る。特に梅雨時...
コラム

精神満腹 清水次郎長(その2)

清水次郎長は波乱に満ちた人生を送った。 その生涯は「次郎長伝」として、戦前は講談や浪曲で人気を集めた。これほど刺激的で魅力に溢れた生涯はあまり見当たらない。また、大政、小政、森の石松などの子分二十八人衆、妻・お蝶などの周囲の人物も次...
コラム

精神満腹 清水次郎長(その1)

静岡・清水に生まれた偉人といえば、清水次郎長が思い浮かぶ。 清水には、生まれた家「次郎長生家」、晩年に過ごした「末廣」が当時の建物を保存して残されていて、観光地になっている。 また、菩提寺で墓がある「梅陰禅寺」には、「次郎長遺...
感謝・感動・歓喜!

稲田石・石切山脈(その3) ~稲田の由来~

笠間市稲田には、石切山脈のほかに、JR稲田駅前に「石の百年館」がある。 館内には、稲田石が出来た過程や粒子、石材産業の歴史など貴重な資料が展示されている。 石の百年館 また、記念館の前には、明治時代に開発を始めた「鍋島彦...
感謝・感動・歓喜!

稲田石・石切山脈(その2) ~地図にない湖~

稲田石の石切山脈は、〝茨城のグランドキャニオン〟とか、〝地図にない湖〟とも呼ばれている。 確かに、切り立った岩壁が連なり、グランドキャニオンを思わせるほどの絶景である。また、現在は採石を休止している「前山採石場」は、岩盤から染み出た...
感謝・感動・歓喜!

稲田石・石切山脈(その1) ~稲田石の歴史~

茨城県笠間市稲田に、日本最大の採石場「稲田石 石切山脈」がある。 百年以上かけて採石し続けてできた岩壁が山脈のように続き、絶景として知られている。 稲田石は、通称〝白い貴婦人〟と呼ばれるほど、白い石肌が特徴の御影石である。石造...
感謝・感動・歓喜!

早朝から活気!「勝浦朝市」

勝浦に来たら外せないのが、「勝浦朝市」だ。 石川県輪島の「輪島朝市」、岐阜県高山市の「宮川朝市」とともに日本最大朝市のひとつと言われている。起源は、天正一九年(一五九一年)に、当時の勝浦城主、植村土佐守泰忠が農業・漁業の症例のために...
感謝・感動・歓喜!

外房・勝浦で味わう贅沢

外房・勝浦は、かつては陸の孤島と言われていた。 太平洋に面した海岸線は、リアス式海岸の独特な地形で景勝地になっている。一九九七年に、東京湾アクアラインが開通して、都内から約一時間半で行けるようになった。 都心からのアクセスは近...
感謝・感動・歓喜!

伊能忠敬の家訓

伊能忠敬記念館の近くに「伊能忠敬旧宅」がある。 伊能忠敬翁が十七歳から五十歳で江戸に出るまで過ごした家で、国の史跡に指定されている。旧宅の正面には、小野川の荷揚げ場があり、物資を舟で流通させていたことがわかる。今は観光船の船着き場に...
タイトルとURLをコピーしました